テーマ:戦争

映画「連合艦隊司令長官山本五十六」六

アンチの人が山本長官を批判する時、 何故か「宣戦布告が遅らされた事実」に必ず触れない。 山本長官の作戦は、宣戦布告を先に出して、米国の戦意を高揚させずに講和に持ち込むという作戦であった。 その作戦が、駐米事務官によって遅らされたので、計画は実行不可だったのである。 その事実をはしょって山本長官を批判非難しているのが常だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本五十六

>「刺し違えてでも」 絶対 長官が言わない言葉だ。 この映画の政策には策謀を感じる。 この映画を楽しみにしていたお年寄りの人達は、口あんぐり。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more