テーマ:連合艦隊司令長官

映画「連合艦隊司令長官山本五十六」六

アンチの人が山本長官を批判する時、 何故か「宣戦布告が遅らされた事実」に必ず触れない。 山本長官の作戦は、宣戦布告を先に出して、米国の戦意を高揚させずに講和に持ち込むという作戦であった。 その作戦が、駐米事務官によって遅らされたので、計画は実行不可だったのである。 その事実をはしょって山本長官を批判非難しているのが常だ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「連合艦隊司令長官山本五十六」5

>真珠湾攻撃失敗… ?????? 宣戦布告を先にして、米国の戦意高揚をさせない前提の早期講和の作戦だった。 しかし駐米日本事務官の宣戦布告の通知が遅れて騙し討ちになり、米国の戦意高揚を招いた時点で、山本長官の計画は出来なくなった。 これで終わりである。 それなのに、空母がいないとか石油タンクを叩かなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「連合艦隊司令長官山本五十六」4

>長官が大事にしていたもの… 「米百俵」 ?????? 聞いた事がない! ↓ (史実) 昭和9年、海軍軍縮会議予備交渉に出席する出発にあたって、 自室に西郷隆盛の遺訓「正道を踏み、国をもって倒るるの精神なくんば外国交際は全かるべからず」 の書幅を掲げている。 国防の大義を前に、薩長だの奥羽だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「連合艦隊司令長官山本五十六」2

>「米国の敵がい心を見誤った判断ミスだったのではないだろうか?」批判すべきはもっと掘り下げて良い。 映画評論家某氏も、宣戦布告を遅らせて、米国の戦意高揚を招いた者達を、もっと批判した方が良い。 もし某氏が、山本長官だけに戦争責任があったかのような洗脳映画に乗っかった発言でなければ。 少なくとも某氏よりは、長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「連合艦隊司令長官山本五十六」

>「米国側隊長・ニミッツ大佐が優秀だった」から負けた 以前 半藤氏はそう本に記していたはずだ。 何か新しい資料でも見つかったのか? 何でもかんでも日本軍や、官僚などのせいにしていないか? 以前、『ミッドウェー海戦』を詳細に記してある米国の公的資料を、ご自身の著書で紹介し、如何に米国が優秀であったか、その戦いぶりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more