七尾城


畠山義綱の弟…上条政繁
畠山義隆の子供…畠山義春(幼名は五郎)
だと思います。

畠山義綱は、親戚も居て(六角義堯)自分の荘園(領地)も有る近江に亡命する前に、自分を追放した家臣達から七尾城を奪還する為に、謙信公と神保氏に援軍要請を出して戦をしています。
しかし、神保氏と足並みが揃わず失敗した為、謙信公に弟の政繁を預けてから近江に亡命したと思います。
その後に、七尾城を奪還して、既に亡くなっていた義隆氏の夫人とその子の春王丸(後の義春)を引き取り養子にしました。(北条高広宛て書状に関連記述あり)
そして、晴れて七尾城に義綱の弟の政繁を(織田信長からの)抑えとして配置します。

しかし、その後に謙信公が急死すると、政繁は入道して名を上条宜順と変え、同族の義春を自分の養子にしました。
※謙信公が近江の坂本に行った時に、越後へ同行して謙信の配下に入った河田長親と、六角義堯とのやり取りの書状あり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック